ネットでIT職の悲惨さを語る奴が自慢げでイラつく

鬱屈した人生を送ってるのでブログでもやりゃあ色々と考えてることや日々感じる怒りやら愚痴でも吐き出せるかなあとか考えて始めたんだが、そうそう頻繁に書くことなんてねえなあ。けっこう時間かかるし仕事は忙しくて疲れてるし。

仕事が忙しいとか俺の歳で言ってたらなんかバリバリ働いてるサラリーマンっぽいけど所詮は工場労働者なんだけど。クソみてえな会社だがもう若くないしスキルも経験もないので転職も考えられない。土日は休みだしパワハラみたいなのも大してないのが唯一の救いというか、それが無いおかげでもし仕事変えた後でそういうのに遭遇したら今の仕事を辞めた事を後悔しそうだから、安い給料でつまらない今の仕事を抜け出そうって気力もなくなってる。

ネット見てるとまあ悲惨な境遇で働いてる人もいるにはいるんだけど、そういうのってあくまで悲惨さをあえて語るって目的があって目を引くんだけど、そういうのでなく日常のことを書いてる多くの人はまあけっこう給料もそこそこあり職場に友人もいたり、デスクワークで技術を持ってたりして俺の職場のようにみんな死んだ目をして黙々とやってるところは異次元にいるのか?と思わされたりする。まあそれがいわゆる底辺ってやつなんだろう。

あとSEだかプログラマーだとかよくわからんがIT職みたいなので働いてるやつの愚痴ってなんかムカつくんだよね、なんの説明もなしに平気で専門用語を混ぜて語ってたりさ。IT土方とか悲惨さを語ってたりしてるけどどこか自慢げに感じるのは俺が劣等感を持ちすぎてるからか?でも俺が仕事の愚痴を書くにしても工場内のニッチな専門用語とか使わないようにすると思うんだよ。でもあいつらの多くは平気で説明もなしに使ってんだよな。なんだかんだで知的な職種なんだぜと言いたげに見えてしまうんだが。

飲食店とかコンビニとか一般性があって目につきやすい職業の人が語ってることならだいたいわかるし予想もし易いけどさ、プログラミングとか関係ない人からは全然わからねえからな。狭い世界なんだからな。調子にのるなよ。プログラマーの悲惨さとかをなんの説明もなしに用語を混ぜて語ってる奴はニヤけた自慢げなツラでどこか誇らしげにしてる気がする。

考えすぎ?コンプレックがひどすぎる?そうかもしれないな。でもこれが底辺で働いてる人間だ。IT職なんて新しくて技術があり知的な感じでよくわからないけどすごーい格好いいー。って俺自身どっか思っちまってるからその裏返しのコンプレックスで腹が立つんだろうな。とにかくあいつらは全然悲惨じゃないんだよ。ほんとの底辺からしたらな。