喫煙マナーを守る気が失せる

仕事帰りにタバコを吸おうと思って帰り道にある喫煙所に立ち寄ろうとしたら
灰皿が撤去されていた。近隣住民の苦情のためらしい
ああまたか。またひとつ喫煙所がなくなった。
よく行ってた喫茶店やファーストフード店もどんどん喫煙席が無くなってる。

タバコ嫌いの人が喫煙者を非難するとき
「別に喫煙マナーを守って吸ってる分にはいいんだけどさ」
という発言を目にするが、実際のところそうではなく単に喫煙者がいるだけで
気に食わないようだ。

歩きタバコなどせぬように決められた場所で吸おうとしても喫煙所がある時点で
一部の嫌煙者は許せないらしい。
なんかもうこういう状況が進むとマナーを守る気も失せるわ。
以前はマナーの悪い喫煙者を見かけるとああいうのがいるから俺たちまで肩身の狭い思いをすることになるんだよなと憤ったりしたが、まんまと嫌煙者の罠に引っかかっていたんじゃないか?という気すらしてくる。

とは言ってもビビリだから歩きタバコやポイ捨てなどできないがもうモラルはどうでもいい。マナーの悪い他の喫煙者を非難する気持ちは失せ始めてる。
なんせマナーを守っても結局批判されてて吸う場所は無くなっていくんだからな。
こういう状況はもうどうにもならんだろうな。どんどん規制されていく。
タバコ以外にも傍迷惑な行動は山ほどあると思うんだがここまでメスを入れられてるのは喫煙くらいのものだろう。嫌煙者は何かに取り憑かれてるようにしか見えない。

あー俺にも他人のやってるイライラすることが山ほどあるんだがなあ。
我慢してることがたくさんあるんだがなあ。人それぞれいろんなことへの不快さの度合いは違って、同意されることが少ない事は見殺しにされて、タバコ嫌いなど分かりやすく多数派が多けりゃクレーマーじみてても聞いてもらえるってどうなんだ?